--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

08月
02
8/ 2 「採種イチゴ」の孫株を独立させたよ!!

[イチゴ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、市販イチゴ

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

スーパーで市販されているイチゴから種を採取し、

興味本位で育ててしまった「採種イチゴ」栽培。

 

前回は「採種イチゴ」親子の葉にまさかのウドンコ病の症状が現れ、

葉の剪定を行ったことをお伝えしました。

 

ウドンコ病は空気感染して発症する病気ですから、

「採種イチゴ」親子だけでなくその周辺の野菜たちにも影響を及ぼすため、

被害が拡大しないことを願うばかりです。

 

葉の剪定を行ってから一週間が経過した「採種イチゴ」親子

元からある葉が大きくなり新たな葉も出てきていて、

剪定する前とさほど変わらない状態に戻っていました。

ペトさい(採種イチゴ)179

 

「採種イチゴ」の子株'ウドンコ病'の症状が出ている葉はなく、

大きく生長していました。

ペトさい(採種イチゴ)180

 

少し葉を掻き分けると白い花が咲いているのを確認でき、

別のところでは12(mm)ほどの大きさになる実を着けていました。

 

これらの実はまだ収穫できる状態ではありませんが、

この時期に実を着けるなんて珍しいこともあるものですね()

 

一方、「採種イチゴ」の孫株のほうは残していた葉が大きくなり、

新たな葉も続々と出てきていました。

ペトさい(採種イチゴ)181

 

ただ、孫株は植え付けてから間もなかったために葉数が少なく、

一部の葉に'ウドンコ病'の症状が出ていても剪定することができず

そのままの状態にせざるを得なかった葉が数枚あるのですが、

幸いにも、その症状は拡大することなく葉だけが大きくなっていました。

 

また、クラウン付近からは新たな葉が出てきており、

至って元気に生長している様子が窺えます。

 

また、孫株の生長はこれだけに止まらず、

早くもランナーが出ていて、目測で30(cm)近く伸びていたのです。

ペトさい(採種イチゴ)182

 

この孫株は子株の遺伝子を引き継いでいることもあり、

活発な生長を見せるのは子株譲りのようです。

 

これだけ様々なところで大きな生長を見せることができるのは

しっかりと根が張っていないとできないことですから、

孫株がしっかり根付いたものと判断できます。

 

よって、孫株は立派に生長していけると思いますので、

子株と孫株とを繋いでいたランナーを剪定し独立させることにしました。

 

早速、ランナーの剪定を行うために、

孫株側のランナーを固定していた'クリップ'を取り除きましょう。

ペトさい(採種イチゴ)183

 

2箇所で固定していた'クリップ'を取り除いたら、

孫株側のランナーを園芸用ハサミで剪定します。

ペトさい(採種イチゴ)184

 

孫株側のランナーを剪定したら子株側のランナーも同様に剪定し、

作業は完了となります。

 

こうして、両側のランナーの剪定を終えたこの瞬間から孫株は独立して

一人前の「採種イチゴ」の株として生長していくことになります。

ペトさい(採種イチゴ)185

 

孫株は「採種イチゴ」栽培の将来を担う大事な役目がありますので、

子株のような活躍を見せてもらいたいと思う今日この頃です。

 

最後に、「採種イチゴ」の栽培データとこれからの栽培のポイントを

以下に示しますので、今後の栽培にお役立て下さい。

 

なお、これから「採種イチゴ」を種から育てたいと思われた方は

こちらをご参照の上種を蒔いてみて下さい。

 

★これからの栽培のポイント★

・2週間に1回の間隔でリン酸系肥料を一摘み追肥すること。

・葉の色が悪くなったら、発酵油かすを一摘み追肥すること。

・土面が完全に乾いてから水をたっぷりと与えること。

 

 

★水やりの注意点★

これからの水やりは引き続いてジョウロで行います。

 

このとき、ジョウロの注ぎ口に手を添えて水の勢いを和らげながら

株の周囲に与えるようにして下さい。

ペトさい(採種イチゴ)186

 

ジョウロの注ぎ口に手を添えずに与えてしまいますと、

土がえぐれてしまいますのでご注意下さい。

 

 

★採種イチゴの栽培データ★

ペトさい(採種イチゴ)08

次回のお話につづく

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

No title

M.Ishiiさん こんばんはー♪

種採りイチゴからの小株・孫株さんへのリレーが順調ですね。
凄いです。
うちも今年、イチゴの種を蒔いて初めて育苗してます。
なんとか3株育ってくれてるれど、まだまだ油断は出来ない状態。
立派に育ったら、来年は苗採りして2代目・3代目と繋げていきたいです(^^)

らうっちさんへ

いつもブログへのご訪問&コメント、
ブログランキングへの応援ありがとうございます。

採種イチゴの子株から孫株へのリレーが上手くいき、
ようやく、本当にやりたかったことのスタートラインに
立つことができました。

このシリーズはあと2回で終わりになりますが、
新シリーズでは本当にやりたかったことを
思いっきりやりますので楽しみにしていて下さい(^o^)。

らうっちさんの育苗イチゴちゃんも順調に育っているようで
来年の初夏には収穫できるかもしれませんね。
サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金