--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
20
4/20 「ホーム玉ねぎ」の選択 収穫か?新たな策か?

[たまねぎ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、砂漠化

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ、ペットボトル栽培のお話にお付き合い下さい。

 

前回はさらに新たな葉が増え大きく生長し、

株元付近もさらに肥大が進んで順調に育っていると思いきや、

ネギ坊主が出てしまいトウ立ちしていることをお伝えしました。

 

まさかのトウ立ちが確認された「ホーム玉ねぎ」ですが、

このまま収穫するべきなのか?、それとも別の方法で対処するのか?

 

この栽培における大事な選択が迫られているのです。

 

Let's take a look at the onions grown!!

(それでは、その後の「ホーム玉ねぎ」の様子を見てみましょう!!)

 

あれから二週間が経過し栽培開始から243日目を迎えた「ホーム玉ねぎ」

依然として、葉が横に倒れることなく真っ直ぐに伸び、

元気に生長しているように感じました。

ペトさい(ホーム玉ねぎ)67

 

きれいな緑色をした葉は健在ですが、

二週間前に比べると葉の先端が黄色く変色していました。

ペトさい(ホーム玉ねぎ)68

 

とはいえ、続々と新しい葉が出てくる「ホーム玉ねぎ」は

どこに向かおうとしているのか?と問いかけたくなるほど元気で、

そのエネルギーを肥大する株元のほうで消費して欲しいと思う今日この頃。

 

全ては寒暖の差が激しくなる気候に対応した栽培を行えなかった

私がいけないのですが…。ゴメンナサイ。

 

さて、二週間前に確認されたネギ坊主の様子ですが、

トウは目測で30(cm)以上に伸びネギ坊主も一回り大きくなっていました。

ペトさい(ホーム玉ねぎ)69

 

この二週間は比較的暖かい日が続いていたこともあり、

新たな葉が続々と出てくるのと同様にトウも伸びていたようなのです。

 

実のところ、トウが出る兆候を早く確認できていれば

早めに剪定して対処できたのですが、二週間前に確認した時には

既にトウが15(cm)程度伸びていたため手遅れだったのです。

 

このため、まだトウ立ちしていない株を大きくすることに注力し、

いつもご紹介している「ホーム玉ねぎ」は放置という対処をしたのです。

 

トウ立ちしてしまった「ホーム玉ねぎ」目測で7(cm)近い大きさになり、

鉢がパンパンで膨張していました。

ペトさい(ホーム玉ねぎ)70

 

よって、これ以上放置してもトウは伸びる一方で、

株元の肥大は窮屈な状態で進めないと思いますので

収穫することにしました。

★収穫のポイント★

・葉が横に倒れた頃を目安に収穫する。

・肥大した株の周りの土を掘り起こして、収穫しやすくする。

ペトさい(ホーム玉ねぎ)71

 

株元に手を添えた時、少し柔らかかったのですが、

トウ立ちが進んでいることから葉が横に倒れなかったことが頷けました。

 

あまりにも窮屈なため株の周りの土を掘り返し、

なんとか収穫することができた「ホーム玉ねぎ」は

ご覧の通り、それらしい形に育っていました。

ペトさい(ホーム玉ねぎ)72

 

大きさの大小はありますが、

収穫できた「ホーム玉ねぎ」はちょっとした料理に使えそうです。

 

ですが、トウ立ちしてしまったことにより、

多少芯が残ってしまいますが…(苦笑)

 

というわけで、今回の「ホーム玉ねぎ」栽培ですが、

本来は昨年末に収穫することを目標に育てたものの思うように肥大せず、

年を跨いで今日まで育てて来ました。

 

その結果、トウ立ちさせて収穫することになってしまい残念ですが、

栽培レシピへの追加は見送ることにしました。

 

やはり、種球を植え付ける時期が遅過ぎたことが

全ての失敗に繋がっていると思いますので、

栽培方法を見直してリベンジしたいと思います。

【終わり】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金