--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

06月
29
6/29 なぜまた、「シカクマメ」を育てるのでしょうか?

[シカクマメ] ブログ村キーワード:ペットボトル栽培、豆野菜

本ブログをご覧頂きありがとうございます。

少しの時間だけ「シカクマメ」栽培のお話にお付き合い下さい。

 

昨年、私の知人の勘違いでペットボトルを使って「シカクマメ」

育てることになり、毎回ブログ記事に愚痴を零していた曰く付きの栽培。

ペトさい(シカクマメ・改)01

 

誰しもが再び「シカクマメ」を育てることはないだろうと思ったでしょうし、

私自身もあるキッカケがなければ育てようなんて思わなかったです。

 

あるキッカケについては今回の栽培を進めていく中で明かしますが、

一つだけ言えることは今回の「シカクマメ」栽培は昨年とは違って

本気で育てたいと思います。

 

本気で育てます。本気で育てます。本気で育てます。

同じことを三回書きました。それだけ今回は本気で育てるのです。

 

今回の栽培では昨年「シカクマメ」を育てていることから

ある程度の経験と知識があるだけでなく、その時の経験を元に

栽培方法を大幅に見直し、より育てやすい方法で行います。

 

このため、昨年の「シカクマメ」栽培を真似してはいけないと言いましたが、

今回の栽培ではこれをある意味で覆すことになりますけど、

少しでも「シカクマメ」栽培の参考にして頂けるようにお伝えしていきます。

 

それでは、新しくなった「シカクマメ」栽培を始めるとしましょうか?

 

★品種選び★

「シカクマメ」はつる性植物であることから支柱やネットを張り、

蔓を巻き付けて育てる野菜であり、生育が旺盛なことから

株間を50(cm)以上開けて育てないといけません。

 

このため、プランター栽培の場合は65(cm)程度の深型のプランターを

用いないと育てることは難しいとされていますので、

ペットボトルで「シカクマメ」を育てる場合には様々な工夫をして

育てることになりますのでさらに難易度が上がります。

 

育て方についてはこれからお伝えしていくこととして、

販売各社から出ている「シカクマメ」の種による生長の違いは

ほとんどありませんので、皆さんのお好みでお選び下さい。

 

今回の栽培ではサカタのタネ社から販売されている種を選び、

生長していく様子をお伝えしていきたいと思います。

ペトさい(シカクマメ・改)02

 

 

★播種時期と発芽日数★

品種による多少の誤差はありますが、

「シカクマメ」の播種時期と発芽日数は以下のようになります。

 

播種時期:5月上旬~5月下旬

発芽日数:播種後7~10

発芽率:75%

発芽適温(地温)2530

 

※ 上記のデータはいずれも中間地(温暖地)によるものです。

 

 

★使用する土★

「シカクマメ」を育てるときに使用する土は

市販の野菜用培養土であれば問題なく育てることができます。

 

また、「シカクマメ」には根粒菌が付くことから、

元肥を施す必要はありません。

 

しかし、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する

培養土はそれぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する土は種から発芽させ苗を育てることを

目的とすることから'市販の粒状種蒔き用培養土'200(ml)用います。

ペトさい(粒状培養土)03

 

植え付け後に使用する土は元肥を施す必要はありませんので、

下図の'市販の粒状野菜用培養土'を4()使用します。

ペトさい(粒状培養土)01

 

ただ、「シカクマメ」が生長して大きくなって行く過程において、

葉の色が悪くなってきた場合には一摘みの'発酵油かす'

追肥してください。

 

'発酵油かす'は葉の生育を良くするために用いるもので、

葉の色が悪くなったときなどに追肥として使用します。

ペトさい(有機肥料)01

 

また、「シカクマメ」に蕾を着けるようになったら、

一摘みの'リン酸系肥料'も与えるようにして下さい。

 

'リン酸系肥料'は「シカクマメ」の実付きを良くするために用いるもので、

今回の栽培ではバッドグアノを使用し、収穫後の追肥にも利用します。

ペトさい(有機肥料)02

 

さらに、普段の水やりの代わりに'栽培用炭酸水'を週2~3回程度与え、

「シカクマメ」の生育を活性化させます。

ペトさい(栽培用炭酸水)01

 

'栽培用炭酸水'の作り方につきましてはこちらをご参照ください。

 

 

★鉢選び★

今回育てる「シカクマメ」は根を深く張り蔓を伸ばす野菜です。

 

しかしながら、今回の栽培では初めから一つの鉢で育てることはせず、

小さな鉢に種を蒔いて育苗させた後、大きめの鉢に植え付けるという

二段構えで育てることになるため、育苗時と植え付け後で使用する鉢も

それぞれに適したものを使い分ける必要があります。

 

従って、育苗時に使用する鉢は種から発芽させ苗を育てることを

目的としますので'小型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)05

 

植え付け後に使用する鉢は根を深く張り、支柱を立てても安定した状態で

育てることができ、収穫に期待が持てる'大型ペットボトル鉢'を使います。

ペトさい(ペットボトル鉢)09

 

なお、2種類のペットボトル鉢を新規で作られる方は

下記のリンクをご参照の上製作してみてください。

小型ペットボトル鉢の作り方】【大型ペットボトル鉢の作り方

 

 

★種蒔き作業に必要な道具★

種を蒔くときに必要な道具を下記に示しますので、各自ご用意ください。

 

シカクマメの種、小型ペットボトル鉢、霧吹き、

移植ゴテ、粒状種蒔き用培養土、ワラ

ペトさい(シカクマメ・改)03

 

 

★種蒔き作業時の注意点★

・種を蒔いた後の覆土は厚さ1(cm)程度にすること。

・播種後の水やりはたっぷりと与えること。

・播種後の防鳥対策として、ガーゼ(もしくは防虫ネット)をかけること。

 

 

★種蒔き作業手順★

ペトさい(シカクマメ・改)04

'小型ペットボトル鉢'に「粒状種蒔き用培養土」を入れます。

粒状種蒔き用培養土は鉢の縁から3(cm)下まで入れるとよいでしょう。

 

また、粒状種蒔き用培養土を粉末状にした土を薄くかけてから

種を蒔くとさらに発芽しやすくすることができます。

ペトさい(シカクマメ・改)05

 

ペトさい(シカクマメ・改)06

種蒔き用培養土を入れたら「シカクマメの種」を点蒔きします。

 

このとき、種と種の間隔は2(cm)程度開けて蒔くようにします。

ペトさい(シカクマメ・改)07

 

ペトさい(シカクマメ・改)08

'シカクマメの種'を蒔いたら「粒状種蒔き用培養土」で覆土し、

水の入った「霧吹き」で土を湿らせます。

 

ペトさい(シカクマメ・改)09

ペットボトル鉢に「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せ、

風で飛ばされないように「麻ヒモ」で固定し、もう一度水の入った

「霧吹き」で吹き付けて、種蒔き作業は完了です。

 

この作業は「シカクマメ」の種を発芽しやすくするために

土面を乾燥から守るためだけでなく、シカクマメなどの豆科の種を

好んで食べる鳥から守る、防鳥対策として行っているものです。

 

「ガーゼ(もしくは防虫ネット)」を被せるのが面倒な場合は、

衣類用の洗濯ネットなどを使うとよいでしょう。

 

 

★最後に★

皆さん、「シカクマメ」の種を蒔くことはできたでしょうか?

 

今回の栽培で種を蒔いた鉢は2鉢使用していますので、

これから育てる際には下図に示す1つのトレイに2鉢を入れると

管理しやすくなります。

ペトさい(シカクマメ・改)10

 

トレイに入れた鉢は日当たりのよい場所に置いて育てるようにしましょう。

 

最後に、今回の「シカクマメ」の種蒔き作業にかかった費用を

以下に示しますのでご参考ください。

◆シカクマメの種蒔き作業にかかった費用◆

購入した商品

数 量

単 価

金 額

シカクマメの種

1

245

245

霧吹き

1

108

108

種蒔き用培養土<粒状>(5L)

1

398

16
(200ml使用)

移植ゴテ

1

108

108

麻ヒモ

1

108

108

ガーゼ

1

108

108

合計金額 

693

※ 「小型ペットボトル鉢」を新規で製作する場合は別途費用が掛かります。

【次回のお話に続く】

ブログ管理人 M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金