--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

07月
25
7/25 ペットボトル栽培~シュガーランプ(8)~

[シュガーランプ]ブログ村キーワード

おはようございます、M.Ishiiです。

 

前回、縦置き型ペットボトル鉢に移植した「シュガーランプ」は、

衰弱していた時の面影はどこにもなく、

草丈は1()を越し、色々な所からは蕾が付いていました。

 

一部の蕾には今にも開花しそうなものもあり、

'有機配合肥料'を追肥として与え、

定期的に'栽培用炭酸水'も与えるようにしました。

 

その後、これらの効果から花が咲き、

結実したのでした。

 

しかし、これらに喜ぶのも束の間、

「シュガーランプ」は炎天下の中で衰弱していたのでした...


栽培開始から107日目

炎天下の中でグッタリした「シュガーランプ」は、

様々な処置を高じたことにより

元の状態に復活させることができました。

ペット栽培(シュガーランプ)26

 

ここまで回復させることができたのは、

「シュガーランプ」のペットボトル鉢周辺に'よしず'を掛け、

この夏の直射日光を当てないようにしたことと、

栽培用炭酸水を毎日朝晩2回与えるようにしたことでした。

 

以前、「シュガーランプ」の発育適温についてお伝えしましたが、

地温で2030℃が適温とされており、

35℃を越す気温では生長が止まってしまうのです。

 

つまり、衰弱した「シュガーランプ」をそのまま屋外に放置し、

今回のような処置を取らなかった場合には

最悪な結果を招いていたかもしれません。

 

なんとか元気に復活した「シュガーランプ」の第1花房

既に結実し、実の大きさは5~8(mm)程度になっていました。

ペット栽培(シュガーランプ)27

 

また、新たに第2花房には黄色い花が咲いているものを

確認しました。

ペット栽培(シュガーランプ)28

 

栽培開始から112日目

「シュガーランプ」は梅雨による影響が心配されましたが、

そんな心配をよそに、

第1花房では順調に実が大きくなっていました。

ペット栽培(シュガーランプ)29

 

第2花房のほうは花が散り、

結実したものが一部で確認できました。

ペット栽培(シュガーランプ)30

 

栽培開始から119日目

数日前に梅雨が明け、「シュガーランプ」栽培は

しっかりと管理しなければならない重要な時期に突入しました。

 

梅雨明けと当時に35℃を越す猛暑日が続く中、

これまでの栽培の仕方で良いのかは検証する必要がありますが、

とりあえずは、日除け対策と炭酸水栽培を徹底する事にしました。

 

そんな中、第1花房の様子を覗いてみたところ、

なんと、一部の実が赤く色づき始めていました。

ペット栽培(シュガーランプ)31

 

「シュガーランプ」の実は開花してから36日前後

熟し始めるそうで、第1花房の開花から一カ月近くは

経過していますので至って順調と言えるかもしれません。

 

しかし、熟し始めた実の大きさはまだ直径1.5(cm)しかないため、

少し大きさに不満が残ります。

 

一方、第2花房では一つの実が若干大きくなった程度で、

それ以外には目立った様子は見られませんでした。

ペット栽培(シュガーランプ)32

 

また、「シュガーランプ」は新たに、

第3、第4の花房が形成されているのを確認でき、

それぞれで直径7(mm)程度の大きさの実がなっていました。

ペット栽培(シュガーランプ)33

 

今後の「シュガーランプ」の収穫が楽しみになってきました。

 

次回の「ペットボトル栽培~シュガーランプ()~」は、

8月12()にお伝えする予定です。

<次回に続く>

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金