FC2ブログ
--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
20
4/20 五輪招致を「エコ」で競うのはいいけれど…

おはようございます、M.Ishiiです。

 

今月14日から19日までの6日間、2016年夏季五輪招致で

国際オリンピック委員会(IOC)が東京に視察されたことは、

皆さんもご存じだと思います。

 

2000年に開催されたシドニー五輪以降の大会からは、

環境が重要な理念として位置付けられているそうで、

環境に配慮した大会の考え方が標準になっているのだそうです。

 

それにしても、先日のIOCの視察の際に、

歌手のGacht氏が突然現れ、英語、韓国語、中国語の4ヵ国語で

東京への五輪招致をアピールされたのには驚かされました。

 

さて、2016年夏季五輪の招致を目指す東京都は、

「カーボンマイナス五輪」というコンセプトを掲げ、

IOCにアピールしたのだそうです。


東京都の話によると、

大会開催に伴うCO2排出量よりも多い量のCO2

様々な省エネルギー策の導入などで減らすことを

目標にしているとのことです。

 

具体的には、外国選手や観客の飛行機移動に伴う

CO2排出量などを大会で生じたものとして算定し、

これらの合計により、太陽エネルギーの活用など大会を

キッカケに導入した環境対策の効果で削減しようと

考えているようです。

 

また、五輪スタジアムの屋根には4万(2)の太陽光パネル

設置するとのことで、「カーボンマイナス五輪」の

象徴的な取り組みにするのだそうです。
2016年夏季五輪招致

ところで、東京都がここまで環境対策を前面に打ち出したのは、

シカゴなどのライバル都市との競争に勝ち抜くためであり、

'世界初'となるカーボンマイナス五輪をPRする狙いが

あったとのことです。

 

しかし、ミシガン湖畔に位置するシカゴは、

オバマ米国大統領の出身地であることもありますが、

水資源の大切さをうたった「ブルーグリーン大会」という

ユニークな概念を掲げ、招致レースに臨んでいるのだそうです。

 

どこの候補地も、環境を前面に打ち出した

プレゼンテーションを展開されるようですね。

しかし、以前お伝えした'エコ五輪'の記事でも触れましたが、

オリンピックを開催するために、新たな施設の建設やインフラの

整備などを行うことで大量のCO2を排出しているわけですので、

オリンピック開催時において環境に配慮しただけでは

'真のエコ五輪'とは言えないと思うのです。

 

現実的に厳しいと思いますが、

せめて、「新たな施設の建設で排出されたCO2

カーボンオフセットします!!ぐらいの姿勢を見せてほしいですね。

 

最後に、テレビ報道によると、今回のIOCによる視察の評価は、

「招致のビジョンや概念に感銘を受けた」と好印象だったようで、

東京都の計画に一定の評価を示したようです。

 

でも、東京の前に訪問したシカゴの評価も上々だったようで、

また、これから訪問するリオデジャネイロでも東京と同様に

「非常にコンパクトな五輪」を打ち出すそうですので、

10月2日の開催地発表までは油断できないですね。

 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金