FC2ブログ
--月
--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心ひとつに キャンドルナイト

04月
22
4/22 省エネ大賞も汚した「冷蔵庫の環境偽装」

こんにちは、M.Ishiiです。

 

コレまで、古紙配合率や大豆インクなどによる偽装が発覚し、

環境問題に取り組み、そのブログ記事を掲載する者として、

大変悲しいですし、憤りを感じています。

 

正直な気持ちとして、「環境偽装」という屈辱的な言葉を

二度と聞きたくはありませんでしたが、

再び、この問題が発覚してしまいました。

 

皆さんも新聞やテレビなどの報道でご存じかと思いますが、

日立社製冷蔵庫による環境に関する不当表示が発覚したのです。

 

具体的には、廃棄された冷蔵庫の樹脂を断熱材に使用し、

製造工程でのCO2排出量を48%削減したなどとうたいながら、

実際にはリサイクル材を殆ど使用しておらず、

このことを公正取引委員会が確認して問題が発覚したものです。


公正取引委員会によると、

日立製作所の子会社である日立アプライアンス社が

昨年9月に発売した冷蔵庫9機種について、

ポスターや新聞広告などで「使用済み冷蔵庫の樹脂を

極細繊維化し、真空断熱材の芯材として活用」などと

表示していたとのこと。

 

しかし、このうちの6機種ではリサイクル材は未使用で、

残り3機種も僅かな量しか使われていなかったのだそうです。

 

また、9機種中1機種では

カタログや自社サイトで「真空断熱材製造工程での

CO2排出量約48%削減」と表示しておきながら、

実際の削減量は48%を大きく下回っていたのだそうです。

 

今回の不当表示をした理由としては、

冷蔵庫の開発を担当する設計部と、カタログやポスター製作を
担当する商品開発企画グループとの連絡に不備があったためとのこと。

 

実は、日立アプライアンス社では昨年、

リサイクル材を活用した冷蔵庫の開発を目指していたそうで、

夏頃に効果的な断熱効果が得られないことを判明していたとか。

 

従って、この会社の説明では各部署間の不備とされていますが、

実際には意図的ではなかったにしても、

事実を隠していたことに代わりはありませんよね。

 

しかも、日立アプライアンス社は、

昨年9月に行われた省エネ大賞選考のためのヒアリングでも、

当時はリサイクル材を使っていない機種しか販売していないのに、

経済産業省の担当者に「既に発売済み」との説明をしていたそうで、

全くもって呆れてしまいます。

 

今回問題になった冷蔵庫は虚偽の説明とも知らずに、

省エネ大賞を受賞されていたそうで、

結果的に、省エネ大賞はおろか、省エネ商品のエコ表示を

どこまで信用してよいものなのか分からなくなりますよね。

 

昨年初めに再生紙偽装の問題が発覚する以前は、

本ブログで頻繁に環境に関する識別マークに関する話題を

お伝えしましたが、問題発覚後はこのような識別マークが

どれぐらい信用できるものなのかが分からなくなり、

極力記事にはしないようにしていました。

 

また、次々と発覚する環境偽装について取り上げる際に、

環境省が推奨する廃ペットボトルを再加工されたとされる

'リサイクルハンガー'についても偽装の疑惑があることを

毎回のようにお伝えしました。

 

実のところ、今回の冷蔵庫による不当表示の情報を聞いた時に、

このことがダブって見えたのです。

 

それにしても、5月15日からエコポイント制度が開始され、

これから省エネ家電を購入されようとお考えの方がいる中で、

今回のような不当表示の問題が発覚したことは、

消費者にとって、少なからず混乱されたと思います。

 

今回の環境偽装は氷山の一角ではないかと疑心暗鬼になりますが、

二度と同じ過ちを繰り返されないことを切望します。

 

M.Ishii

心ひとつに キャンドルナイト

コメント

当ブログでは承認制を導入しています。
当ブログは皆様から頂いたコメントを記事の一部と考えているため、
ブログ記事に関するコメントは歓迎しますので、ドシドシご投稿下さい!!

但し、誹謗中傷、アダルト関連、および、ブログ記事以外
コメントについてはご遠慮願います。

最近、emi_himitu@yahoo.co.jp関連のコメントを入れる方がいますが、
これは送金詐欺の勧誘であり詐欺行為に加担しているのと同類なため、
投稿される方はサイバーポリスに通報しますのでご覚悟下さい!!

(投稿されなくてもホスト名はこの画面に入った瞬間にこちらで把握しています)
非公開コメント

サイト紹介
環境活動の一つとして始めた
「ペットボトル栽培」も早7年目です。
使い捨てされるペットボトル一つで、
種から無農薬で育てております。
今後も、初めてペットボトル栽培に
取り組まれる方に分かりやすく、
お花や野菜の栽培をご紹介します。
(ブログ管理人 M.Ishii)
お問い合わせ
本ブログへのお問い合わせや
ブログ記事以外のコメントは
メールフォームよりお送り下さい!!


但し、誹謗中傷、アダルト関連は
お断りさせて頂きます!!
メールフォームへ
ブログサイト内翻訳ツール
月別アーカイブ
FC2カウンター
助成金